結婚式のスタイルのはどのようなものがあるの?

教会で結婚式をする場合

結婚式にはさまざまなスタイルがありますが、昔からある結婚式のスタイルに教会での結婚式があります。教会で結婚式をする場合には、誰でも結婚式を挙げられる所もありますが、本格的な教会ならばその信者であることが条件になっています。例外的に、信者で無くても何度か教会に訪れて礼拝をしたり、勉強会に参加すれば結婚式の許可が下りることがあります。基本的に親族以外でも参加できるのが教会の結婚式の面白いところです。通りすがりの人が参加してもいいのですね。

神前式として式を挙げる場合

日本で一番ポピュラーなのが神前式ではないでしょうか。神前式は神道的な結婚式で、最も和式の色合いが強い結婚式として知られています。新郎新婦が和装をするのが特徴になります。多くの結婚式場では神前式の場所を設けています。神主さんもいますので、わざわざ地元の神社の神主さんを呼んでくる必要はありません。ホテル以外でも普通の神社を使って結婚式をすることも出来ます。いずれの場合も人数に制限がありますので、神前式に参加できる人は親族限定になることが多いです。

人前式で結婚式を挙げる

最後に、今人気があるのが人前式になります。人前式の特徴は、宗教に縛られない結婚式になります。そのため多くの人が利用している訳ですが、人前式は形式がありませんので、どのような形で行ってもいいのです。例えば、自宅で挙式をしてもいいのです。自由度が高いということは、さまざまなアイデアが思い浮かびますが、裏を返せば一体何をしていいのかわからないため混乱を招くおそれもあります。もし、どうしてもやり方がわからなければ結婚式場を借りて人前式をするといいでしょう。

神戸の結婚式場は、北野エリアや、旧居留地エリア、ハーバーランドエリアなど、神戸市中央区に多いのが特徴のひとつです。