ほんのひと手間で子供の集合写真はぐっと楽しくなります!

我が子以外の写真を撮る時は一声かけてトラブル予防

学校行事や習い事の他に誕生日や普段の遊び等、子供が集まった時の楽しい時間は良い写真が撮れる絶好の機会です。我が子の可愛い笑顔を残したいと集まる子供にカメラを向ける時は、一呼吸置いた方が良いです。最近はSNSで簡単に写真をアップする事が出来るので、母親の中には防犯と個人情報漏えいを恐れて自分の子供の写真を勝手に撮られる事を嫌がる人がいます。その為他の家の子供を撮る時は必ず一声かけて許可をとってから、撮影するのがマナーです。

集合写真をプレゼントする時のコツ

子供の写真を撮る時は、タイミングも大切です。集合写真を撮る時に少しのずれで、目を閉じてしまったり変な顔になる時があります。特に子供は動くので全員が良い瞬間と言うのは難しいので、念のため何枚か撮影すると良い写真が撮れます。撮った写真を自宅に飾るなら我が子が一番で良いですが、人にあげる時は他の子供の表情も気にかけると良いです。最近はパソコンを使って文字を入れたりフォトブックにする事が出来るので、そうしたひと手間を加えると更に喜んでもらえます。

沢山ある写真を綺麗に収納する方法

子供が成長するにつれて増えていく写真ですが、全て飾っていたら場所が足らないです。かと言ってデータに入れっぱなしはもったいないと言う時はクリアファイルで写真を収納すると良いです。A4サイズのに用紙に写真をレイアウトして貼っていくと一枚の用紙に多くの写真を貼る事が出来るので、それをA4サイズのクリアファイルに収納します。集合写真の様に大きい写真は大きい写真だけのファイル、レイアウトはレイアウトだけのファイルにすると綺麗に収まります。この方法だと用紙の端に文字を書く事が出来るので、写真の説明を入れる事も出来るのが魅力です。

学校写真を注文する場合、以前は学校の校舎内に貼ってある写真の番号を記入して注文をしていましたが、今はインターネットの写真屋さんのサイトに掲示してある写真の中から選択して注文できるようになっています。